緑内障


緑内障とは

緑内障とは眼の奥にある視神経に障害が生じ視野(見える範囲)や視力に支障をきたす病気で、現在日本国内では1番目、世界的にみても2番目の失明原因となっている疾患です。
眼の中には房水と呼ばれる栄養などが溶けた水が流れていて、その房水の産生量と排出量のバランスが悪い状態が続くと緑内障になります。それを間接的に診るのが眼圧検査で、10~20mmHgが正常とされています。
しかし、日本人には正常眼圧緑内障と呼ばれる疾患で、眼圧が正常でも緑内障となっている方の割合が海外と比較して多いため、眼圧が高い方はもとより眼圧が正常な方でも注意が必要です。
自覚症状が顕著になりやすいのは、緑内障がかなり進行してからが多いので早期発見・早期治療のためには検診などでの定期検査が大変重要です。

緑内障の分類

緑内障は発症のメカニズムや進行度で分類することが可能で、発生原因では大まかに分けると2種類に、進行度により3種類に分類できます。

発生原因

閉塞隅角緑内障

隅角とは角膜と虹彩が作る角度です。
房水はそこを通って排水されますが、そこが狭くなってしまうと排水のバランスが崩れ眼圧が高くなり、緑内障を起こします 。
先天性(生まれつき)の隅角に異常がある場合や白内障やぶどう膜炎といった他の眼の病気が原因となります。

閉塞隅角緑内障

開放隅角緑内障

上記の閉塞隅角緑内障とは異なり隅角は診察上では問題ありませんが、それ以外の部分が原因で緑内障が起きている状態です。排出口である線維柱帯シュレム管やその先の房水流出路が悪くなり排出量が減る事が原因です。

開放隅角緑内障

進行度

緑内障は進行度により3種類に分類できます。

正常な状態

右眼の静的視野検査(見える範囲の検査)の結果で黒くなっているところは、見えないところを示しています。
正常眼の右側にある黒い部分はマリオット盲点といい眼の神経が集まるところで、全ての人が見えない所です。

正常な状態

初期

ごく一部の視野障害や視神経異常がある状態です。検査では異常を認めますが、多くの患者さんは日常生活で症状を感じることはほとんどありません。検診や眼科受診時に発見されるケースが多いです。

緑内障進行度初期の視野

中期

一部に視野障害がある状態。見づらさを自覚する方もいますが、患者さんによっては気付かない場合もあります。

緑内障進行度中期の視野

末期

50%以上の視野障害がある状態。見づらさを自覚し、患者さんによっては視力障害などもきたします。

緑内障進行度後期の視野

緑内障の治療

緑内障の治療は点眼などによる薬物治療と手術治療があります。

薬物治療

緑内障の点眼治療には様々な種類の点眼薬が使用されており、房水の産生を抑制する場合や、排出の促進をするなど効果は様々です。点眼による副作用も色々ありますが、眼に侵襲を与える治療ではありませんので初期の治療に用いられます。
点眼治療を行っても病気の進行が抑えられない場合は手術を行います。
また内服薬や点滴なども併用する場合がありますが、腎臓に負担を掛けるため長い期間は使用できません。

手術治療

当院で行っている緑内障手術は、大きく分けて2種類に分類されます。

流出路再建術

角膜(黒目の部分)を小さく切開をし、機械を使用して眼の中からシュレム管と呼ばれる排出口の部分を露出し広げる手術で、排出口の部分を広げる手術です。房水の排出量を増やす目的で行われるため効果がある程度限定されます。
しかし手術のために視力が極端に下がるなどの怖い合併症は起きにくいため、緑内障手術の中では安全性が高いと言われています。
またこの手術と白内障の手術を同時に行う事も可能です。当院では下記のトラベクトーム手術を行います。

≪トラベクトーム手術(低侵襲緑内障手術)≫

当院の緑内障手術で一番多く行われている術式です。手術が短時間(15分程度)で、合併症が少ないのが特徴です。
上記の様に白内障手術と同時施行もできますが、術後に眼の中で出血が少量起きるため、白内障手術のみを行った患者さんと比べて見やすくなるまでの期間は若干要しますが、最終的には視力はほぼ同じ程度になります。
手術に使用する器材の先端には目的の部分以外を傷つけないようにシールドが付いていて、そのシールドをシュレム管に引っ掛け先端の部分よりレーザーを出して電気的に目的の部分を切開するのと同時に、凝固することで術後に切開した部分が癒着するのを防ぐ逆流した出血を吸引することで術後の出血を予防する仕組みになっています。

トラベクトーム手術

濾過手術、インプラント手術

角膜付近の強膜(白目の部分)を切開して眼の外側からへ房水が流れるように新しい排出口を作る手術です。以前は切開して排出口を作っていましたが、現在はインプラントと呼ばれる排出口となる器具を眼に入れる手術も行われております。
新しく排出口を作成するので、経過が良いと緑内障点眼なしで過ごすことも可能となります。しかし稀に手術後の眼圧下降効果により急激な視力の低下なども起きるため高いリスクがともないます。流出路再建術が効かない場合に行います。
また、この手術は白内障手術などとは切開する部分が異なるため、当院では同時手術は行っておりません。

インプラント手術

日本赤十字社 岐阜赤十字病院

〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36番地
TEL:058-231-2266
FAX:058-233-7772
Email:info@gifu-med.jrc.or.jp