• Home>
  • 教育について(現任教育)

教育理念

赤十字看護師として、人道的任務を果たすことができる看護職員を育成する。

教育目標

  • 個別性を尊重し自立支援を目指した看護実践能力を身につける。
  • 医療・看護場面での倫理的判断に基づく行動ができる。
  • 時代の変化に対応した医療と看護の知識・技術・態度の向上を図る。
  • 専門職業人として、自己研鑽の重要性が認識できる。
  • 災害救護要員としての知識・態度の習得の機会を持つ。

赤十字看護キャリア開発ラダー

自分の目標に合わせたキャリア設計ができる!

継続教育システムとして、全国の赤十字施設共通の「キャリア開発ラダー」を導入しており、「看護実践」「看護管理」「看護教員」「国際活動」から構成されています。看護師個々が自分のめざすキャリアを自分で開発できる体制を整えています。

赤十字キャリア開発ラダー
看護実践者ラダー

経年別ではなく、個々のライフスタイルに合わせて自主的にステップアップを目指します。看護実践能力とは、患者に直接的ケアを提供するだけでなく、より質の高い看護実践を提供するための教育・研究、マネジメントを含み、赤十字の理念に基づいた看護を実践する能力をいいます。
看護実践者キャリア開発ラダーは、5段階の到達目標(レベルⅠ~Ⅴ)を設定し、目標を達成するための教育研修と一対になっています。また、新人の時期から継続的に自己研鑚を積むことができる研修支援体制があり、職場の上司や先輩の支援を受けながら、段階的に取り組むことができます。
看護管理者を目指したい方は、「実践者ラダー」のレベルⅢを取得後に「管理者ラダー」にすすむことができます。国際活動に関心のある方は、「実践者ラダー」と併せて「国際ラダー」を取得することができます。赤十字教育施設の看護職員の方は、「看護教育ラダー」をすすめていくことができます。


関連メニュー

日本赤十字社 岐阜赤十字病院

〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36番地
TEL:058-231-2266
FAX:058-233-7772
Email:info@gifu-med.jrc.or.jp