平成30年度 岐阜赤十字 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 64 157 207 341 507 1254 1981 1609 386
当院は地域支援病院であり、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。
高齢化に伴い、60歳以上の患者様が全体の80%を占めております。
年齢別に傷病の頻度をみてみますと、20歳代では、虫垂炎を含む消化器疾患と妊娠糖尿病等の女性疾患と骨折を含む整形外科疾患が半数近くとなっております。30歳代・40歳代では、消化器疾患が最も多く、50歳代では消化器疾患の他に眼科疾患が多くなっております。
60歳代では、消化器疾患が3割。次いで眼科、泌尿器疾患、整形外科の疾患と続き、70歳代・80歳代では、消化器疾患や眼科疾患。80歳代以上になると消化器疾患の他に肺炎や尿路感染症が多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 129 6.54 4.96 0.78 70.22
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 なし 89 7.58 8.68 0 52.91
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 68 3.09 4.41 0 72.41
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 48 21.33 30.09 4.17 74.04
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 43 2.95 4.33 0 74.28
外科では鼡径ヘルニアに対する手術入院の件数が最も多く、次いで甲状腺・糖尿病内科から手術の依頼を受けるなど院内でも連携して治療を行っております。
また、消化器系の癌に対する化学療法の短期入院の患者様や、癌の切除手術をされる患者様も多く受け入れております。
手術の場合、開腹手術だけではなくより侵襲性の低い腹腔鏡下での手術も行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 338 3.93 5.39 0 77.17
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 182 3.54 2.84 0 72.19
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 73 10.08 8 0 71.66
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 72 11.29 9.75 0 56.1
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 65 8.86 7.05 0 70.55
眼科では白内障の手術件数が両方の眼、片方の眼ともに多く取り扱っています。
白内障の両眼は同日に両目行うことにより全国平均より約1日早い在院日数となっています。
次いで緑内障、網膜剥離、加齢黄斑変性に対する手術も取り扱っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 11.95 10.08 1.64 76.16
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 35 3.31 2.67 0 72.4
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 12.55 20.92 9.68 84.97
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 10.24 10.58 0 72.76
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 6 7.4 0 71.38
消化器内科では胆道系疾患の内視鏡下手術の入院が最も多く、次いで大腸のポリープを切除する手術の入院が上位を占めています。
4番目の出血性胃潰瘍に対する内視鏡下での止血術も行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 156 6.93 8.86 0 69.65

110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 71 5.92 7.2 0 75.65
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 66 2.18 2.53 0 74.41
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 62 5.42 5.64 3.23 65.08
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 46 5.96 5.62 0 67.67
当院ではウロギネ外来を設け、膀胱瘤・子宮脱に対する骨盤臓器脱手術を数多く行っております。
次いで膀胱癌に対する経尿道的腫瘍切除術、前立腺癌の診断をする前立腺生検も取り扱っています。
その他にも結石に対する経尿道的な除去術の件数も多い結果になりました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 134 28.73 26.3 85.82 82.22
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 82 5.18 5.68 1.22 64.21
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 31 3.68 4.13 0 35.65
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 22 13.59 19.61 86.36 80.09
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 21 4.1 4.83 0 60.76
整形外科では高齢者の方に多い大腿骨転子部骨折・大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術が最も多く、
地域連携パスを用いて岐阜市全域の医療機関と連携をとっているため転院率が高くなっています。
当院では週に1回手の外来を設けており、2・3・5番目のような手や腕に関する入院が多くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 80 17.34 12.05 5 72.81
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 76 3.46 5.55 0 74.12
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 25.86 17.66 6.98 80.53
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 16 3.75 5.1 0 74.75
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 21.31 20.92 12.5 82.19
循環器内科では狭心症に対する心臓カテーテル検査と単一光子放射断層撮影(SPECT)を行う検査入院や、
高齢者の方の心不全や誤嚥性肺炎に対する治療を数多く行っております。
平成30年度は腎臓の専門医師が循環器内科で治療を行っていたことから慢性腎不全に対する治療の為の入院が最も多くなっています。
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 69 2.84 5.75 0 33.03
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 26 12.27 14.27 0 66.62
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 13.91 20.92 4.55 87.45
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 20 15.3 15.14 0 71.75
100380xxxxxxxx 体液量減少症 16 6.38 9.12 0 69.75
甲状腺・糖尿病内科では妊娠糖尿病の患者様に対するインスリン導入目的の入院を数多く行っております。
次いで85歳未満の糖尿病に対する教育入院の件数が多くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 43 2.81 3.43 2.33 70.63
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 22 20.5 19.06 0 72.05
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 22 20.92 17.65 85.53
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 16.73 13.63 0 78.18
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 11 14.09 10 0 76.36
呼吸器内科では肺癌の確定診断を行う為の気管支鏡検査の入院が最も多くなっています。
その他にも重傷な間質性肺炎や誤嚥性肺炎の入院、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患を扱っております。
肺癌に対する化学療法の入院も5番目に多く行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 51 2 2.04 0 65.71
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 14 5.14 5.1 0 71.14
030428xxxxxxxx 突発性難聴 11 14.91 9.02 0 55.55
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり 11 7.27 8.66 0 21.91
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.04 - -
睡眠時無呼吸症候群の精密検査は夕方入院の翌朝退院で行います。
副鼻腔炎の手術は原則1泊2日の短期滞在手術です。全国平均は7.04日。当院の実績は2.22日の入院日数でした。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 22 19.64 16.17 4.55 73.64
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 18 40.83 40.13 0 70
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 10 36.2 32.36 0 72.8
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり - - 10.62 - -
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 21.33 - -
血液内科では非ホジキンリンパ腫に対する化学療法入院が最も多くなっています。
他にも急性白血病や骨髄異形成症候群に対する治療など様々な血液疾患の入院があります。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 22 17.77 12.58 9.09 81.23
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 20.92 - -
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 15.58 - -
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 18.59 - -
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15歳以上 - - 12.09 - -
総合診療科では尿路感染症での入院が最も多くなっています。
次いで誤嚥性肺炎やリウマチ性多発筋痛、気管支肺炎などの疾患での入院があります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 13.88 16.18 20.83 76.42
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 17 7.35 41.67 83.25
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 18.72 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.69 - -
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 18.22 - -
脳神経外科では発症3日以内の脳梗塞入院が最も多く、脳保護療法として活性酸素除去剤を用いて活性酵素を低減し、また積極的な内服抗血栓療法を行うことで
脳梗塞による損傷を低減するよう治療を行っています。
また、後遺症がある場合は回復期リハビリテーション病棟を持つ近隣医療機関と連携して、転院加療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 26 7.85 8.98 0 62
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 19 12.89 12.51 0 73.37
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし - - 3.27 - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.07 - -
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 あり - - 46.13 - -
皮膚科では帯状疱疹や蜂巣炎などの急性疾患から長期臥床による褥瘡等様々な疾患に対応し治療しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし - - 3.2 - -
120100xx99xxxx 子宮内膜症 手術なし - - 5.12 - -
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 - - 6.16 - -
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 手術なし 定義副傷病 なし - - 8.01 - -
120010xx99x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし - - 9.2 - -
産婦人科では子宮の頚部・体部の癌に対する切除術での入院や、子宮内膜症や子宮のポリープなどの入院があります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 36 17 13 44 - 18 1 7
大腸癌 37 36 133 108 15 75 1 7,6
乳癌 - - - - - 1 7
肺癌 - - 17 38 19 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7,6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸癌Ⅲ期、Ⅳ期といった進行した大腸癌の割合が高くなっています。
外科では大腸癌手術の約半数を腹腔鏡下で行い、胃癌では腹腔鏡下胃切除術も行っています。また進行癌に対しては抗癌剤治療や緩和ケアに取り組むなど一貫した治療を行っています。消化器内科では早期癌の内視鏡治療に粘膜下層剥離術(ESD)を取り入れ治療にあたっています。放射線治療が必要な場合は、他医療機関と連携をとりながら治療を進めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 17.13 60.73
中等症 127 14.5 79.53
重症 29 20.03 85.41
超重症 11 15.09 86.91
不明 - - -
患者数が最も多いのは中等症となっています。
年齢別では、60歳では軽症、80歳を超えると重症、超重症となってきます。成人市中肺炎は高齢になるほど重症化する疾患となります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 60 17.77 79.33 24.24
その他 - - - -
脳梗塞は、発症して早期に入院される患者様が多くなっており、平均年齢は79歳と高齢になっています。平均して18日程度の入院期間で治療とリハビリを行い、半数以上の方が自宅もしくは施設に帰られています。また24%の患者様がリハビリ継続のために後方支援病院に転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 513 1.27 1.41 0 75.51
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 188 1.37 8.22 0 64.57
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 56 1.64 5.38 0 71.89
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 20 0.3 1.05 0 75.0
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートのないもの) 17 2.06 13.35 0 74.88
加齢に伴う白内障に対する手術が最も多くなっています。次いで網膜前膜、緑内障に対する手術が主要を占めています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 107 1.04 4.25 0 68.93
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 1.19 6.63 0 67.96
K4611 甲状腺部分切除術,甲状腺腫摘出術(片葉のみの場合) 43 1.16 4.95 0 55.02
K462 バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉) 35 1.23 5.31 0 41.34
K7434 痔核手術(脱肛を含む。)(根治手術) 34 1.03 6.12 0 56.03
鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下での手術が最も多くなっています。
次いで胆のう炎や胆管癌に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術、3番目には甲状腺腫瘍に対する摘出術、
4番目にはバセドウ病に対する甲状腺全摘術、5番目には内痔核・外痔核や脱肛に対する手術が上位を占めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 91 7.62 18.4 80.22 82.4
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 等 55 1.07 2.73 0 64.6
K0811 人工骨頭挿入術(股) 49 10.86 18.71 85.71 79.41
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 等 30 1.87 7.13 3.33 62.13
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 26 3.12 6.35 11.54 57.54
大腿骨の骨折に対する観血的手術が最も多く、同骨折に対する人工骨頭挿入術も3番目に多い手術です。
2番目には一度整復術等で挿入されたスクリューやプレートを摘出する手術が入っています。
その他には手や腕の骨折に対して行われる手術が上位を占めています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 103 1.23 4.38 0 66.81
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 73 1.23 3.63 0 75.23
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 47 1.26 3.7 0 67.74
K8232 尿失禁手術(その他のもの) 41 1 2.63 0 63.17
K802-21 膀胱脱手術(メッシュを使用するもの) 31 1.23 5.71 0 73.39
膀胱瘤・膀胱脱に対して行われる1番目の腹腔鏡下での膀胱脱手術(LSC)、5番目のメッシュを使用した膀胱脱手術を多数行っております。
他にも膀胱癌に対する経尿道的手術(TUR-Bt)、尿管結石に対する経尿道的手術(TUL)、腹圧性尿失禁に対する手術(TOT)も多く行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 35 2.14 9.2 5.71 74.43
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 32 2.72 2.41 0 72.88
K654 内視鏡的消化管止血術 27 2.67 7.74 0 73.56
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 21 3.81 14.05 0 77.62
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 15 0.93 3.4 0 69.6
胆道系疾患に対しての内視鏡的乳頭切開術(EST)や内視鏡的胆道ステント留置術が上位を占めています。
他にも大腸ポリープに対する内視鏡的手術や消化管出血に対する止血術、早期の大腸癌に対する粘膜下を剥離する手術を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 41 0.51 3 14.63 74.56
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 14 2.57 3.36 0 71.43
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) - - - - -
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -
慢性腎不全の透析シャント閉塞に対する手術が最も多くなっています。
次いで狭心症遺体する経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)を多く行っており、他にも心房細動に対するペースメーカー移植術、深部静脈血栓症に対する下大静脈フィルター留置術も行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 12 1 5.42 0 21.92
K347-5 内視鏡下鼻腔手術Ⅰ型(下鼻甲介手術) 等 - - - - -
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの) 等 - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K287 先天性耳瘻管摘出術 - - - - -
口蓋扁桃摘出術(扁桃腺の手術)・声帯ポリープ切除術は全身麻酔で行いますので手術前日の入院となります。術後の状態がよければ早期の退院が可能です。
鼻の手術(内視鏡下鼻腔手術・副鼻腔手術)や耳瘻管摘出術など局所麻酔の手術は原則当日入院の翌日退院で1泊2日の短期滞在手術です。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
3番目には非ホジキンリンパ腫などの血液疾患を確定診断するためのリンパ節摘出術が入っています。
その他は診療科の特性により他科における手術が計上されています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
診療科の特性により他科における手術が計上されています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K7422 直腸脱手術(直腸挙上固定を行うもの) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術を行っています。
内分泌代謝科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) - - - - -
K745 肛門周囲膿瘍切開術 - - - - -
K800-2 経尿道的電気凝固術 - - - - -
K462 バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
診療科の特性により他科における手術が計上されています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術 等 - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
産婦人科では子宮頸がんに対する切除術、子宮筋腫に対する切出術などを行っております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K006-41 皮膚腫瘍冷凍凝固摘出術(一連につき)(長径3センチメートル未満の良性皮膚腫瘍) - - - - -
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満) - - - - -
皮膚科では、ボーエン病等の皮膚癌や粉瘤等の良性腫瘍に対する切除術を行っています。
その他皮膚がんに対する切除術、いぼに対する冷凍凝固摘出術も行っております。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
- - - - - - -
診療科の特性により他科における手術が計上されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 17 0.26
異なる 15 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.18
異なる - -
様々な要因から疾患に至ったものと思われます。
敗血症では、入院契機病名や併存病名等の尿路感染症がある患者さんからの発症が多くみられます。
更新履歴
2019/9/27
平成30年度 岐阜赤十字病院 病院指標 公開
2019/12/27
平成30年度 岐阜赤十字病院 病院指標 更新