研修医日記

第38話

岐阜大学精神科研修を終えて  川村 清子

  6月4日~29日の4週間、日赤を離れ岐阜大学精神科で研修して参りました。
  実はこの精神科研修を私は前から非常に楽しみにしておりました。母校の岐阜大学に久しぶりに向かう、という事もありますが、それより何より、私は元々精神科医になりたくて医学部に受験した、生粋の精神科志望であるからです。実際に学生時代のポリクリや実習で勉強して最も「何て面白いんだ!!」と感動したのも精神科でした。そんな背景の中、医師として精神科に本格的に絡むのは今回が初めてだった為、かなり意気込んで研修に臨んでまいりました。
  実際の研修はというと、初診の外来見学が毎日ある他(ちなみに研修医は初診患者の予診をとるのですが、これがなかなか大変、でも勉強になる)、電気痙攣療法に参加し、拘束・隔離の患者の見回りに行き、合間に入院担当患者を診察し・・と予想より本当に充実しており、嬉しい事に忙しい日が多かったです。実は、基本的に大学の精神科研修だと、希望しなければ研修医は入院担当患者をもたなくてよいのですが、精神科志望という事で、バリバリの精神疾患患者から他科のせん妄患者、重度の認知症患者まで、多彩な症例を担当経験させていただく事ができました。又、ちょうど6月に日本精神神経学会総会も開催されていた為、急きょそちらにも参加させて頂きました。会場が神戸だった為、中華も堪能でき、2重に美味しい学会参加でした。
  そんな中、2度ほど日赤に戻って日直をやったのですが、先生方や看護師さんと話していると「やっぱり日赤はいいなあ、私のホームだな」と改めてここの良さを感じる事が多々ありました。自分の今後に繋がる研修ができ、かつ、日赤の良さを再認識した密度の濃い4週間でした。
早朝勉強会

研修4カ月を終えて  太田 徹

  早いもので、こちらで研修医としてお世話になり4カ月が経ちました。私はこれまで東海地方には縁がなく、研修当初は患者さんの「えらい」の意味すら分からず、ほめられたのかなと本気で思っていました。最初にお世話になった呼吸器内科の澤田先生の計らいで朝に採血をさせて頂いていたのですが失敗も多く、焦りと緊張で滝のように汗が流れ、患者さんの手に落ちる事もありました。それでも多くの方々は優しく接して下さりティッシュやタオルを差し出してくださる方までいて、少しでも患者さんの力になれるよう頑張ろうと思いました。現在は外科でお世話になっているのですが、毎朝の採血から始まります。汗の量は相変わらずで失敗する事もありますが少しずつ成長できている筈です。これからも患者さんに学ばせて頂いた分を還元できるよう日々努力してまいります。

麻酔科研修
研修4カ月を終えて  鷲崎 知美

  4月から研修がはじまり、すでに4カ月が経ちました。赤十字病院にきた当初は知らない方ばかりで、新しい環境にとても緊張したことを覚えています。4カ月間振り返ってみるとあっという間でした。
  私は内科を中心に4カ月間まわらせてもらいました。はじめは先生の手技や診察を見学することが多かったですが、採血、エコー、骨髄穿刺をさせていただけるようになってきました。やっているのをそばで見ているときはできるかなと思った手技も実際にやってみるとうまくいかないことが多く落ち込むこともありますが、いろいろな方に教えて頂きながら少しずつできるようになるのがうれしいです。
  また、大学での実習の時とは違い、救急対応であったり、入院中の患者さんを受け持ちに持たせていただくようになり患者さんと接する事が多くなりました。実際に患者さんを目の前にすると緊張してしまい、うまく話ができなかったり、知っていた知識も出てこなかったりしました。今は少しずつ慣れてきましたが、まだまだ自分に足りない事がたくさんあるなと感じています。学ぶことが多く大変ですが、少しずつわかること、できることを増やしていきたいです。
  研修がはじまって4カ月間指導医の先生方、看護師さん、ほかのスタッフの方々にも支えられているなと日々感じております。今後の研修も充実したものになるように成長していきたいと思います。

研修4カ月を終えて  山室 周子

  研修4ヶ月を終えて、振り返ればやはりと言うべきか、あっという間という気もしますが、日々過ごしていく中では一日一日をじっくり積み重ねていきながら過ごしています。自分の目指す医師像は、どちらかというと精神面での理想をかかげることが多かったのですが、研修を行うことでより具体的な手技や知識の習得において目標ができたことがこの4カ月での変化ではないかと思います。
  初めのころはカルテの書き方・見方、エコーなど医療器具の使い方など医学を学ぶ以前に覚えることが多く苦戦しました。今でも分からないことが沢山ありますが、先生方や病院の皆様に懇切丁寧ご教示頂き、ようやく慣れてきたように思います。
  学ぶことが楽しく、温かい方々と共に働け、同期のメンバーにも恵まれ、岐阜赤十字病院で研修できて本当によかったと感じています。今後ともよろしくお願いいたします。

日本赤十字社 岐阜赤十字病院

〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36番地
TEL:058-231-2266
FAX:058-233-7772
Email:info@gifu-med.jrc.or.jp