初期研修を終えて

第1話

初期研修を終えた3人の研修医たちから(H16~17年度在籍)

臨床研修を終えて      菊地 淳

 昨年より医師の臨床研修制度が始まり、ローテート研修が義務化されました。大学卒業時には内科志望でしたが、実際に他科の臨床を経験したことで、ひとりの患者をさまざまな側面から診れるようになったと思います。

 これからも自分の専門疾患だけを診るのではなく、全人的に患者と向き合う姿勢を大切にしたいと思います。

 今振り返ると二年間は短く感じますが、一日一日は戸惑うことも多々あり、実に長く感じていました。それでも指導医の先生方の懇切丁寧なご指導と、コメディカルの皆さんのご協力を得て、有意義な研修を行うことができました。

 4月からは引き続き当院で、内科を中心に勉強させて頂くことになりました。今後ともよろしくお願いします。

岐阜赤十字病院での臨床研修終了にあたって      吉眞 孝

 この二年間でさまざまな科をローテートさせていただき、その中で多くの人たちと関わり、とても温かいご指導をありがとうございました。

 この二年間で自分の歩んできた道を振り返ってみると、医師国家試験が受かっただけで臨床の現場を何も分からない状態からのスタートであり、失敗したり辛い思いもしましたが、とても有意義であったと思います。

 外科では夜遅くまで手術に入ったり、毎朝採血していたことが印象深く残っていますし、内科では主治医として患者様を入院から退院まで担当させていただきその中から多くのことを学びました。

 その他ローテイトした科でも様々な知を得て、たくさんの刺激を受けました。何気なく選びましたが、この病院を選択してとてもよかったと思います。

今後私は内科を選択し、この4月から岐阜大学付属病院第二内科に勤務することになりますが、岐阜赤十字病院の臨床研修で得た様々な知識・経験を生かしていこうと思います。他病院出身の人たちに負けないよう以後努力してゆきます。

岐阜赤十字病院での臨床研修終了にあたって      西川 友子

 私がこの病院で研修を始めてから、あっという間に2年が経ちました。

 私は臨床研修がスタートする初めての年にあたり、戸惑いや不安がいっぱいでしたが、岐阜赤十字病院の皆様の温かいご指導のもと一歩一歩成長できたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

一年目は、臨床の現場をほとんど何も知らないところから始まったので、精一杯の毎日でした。しかも、やっと慣れてきた頃に終了してしまい、次の科に移るという研修システムは、想像していたよりストレスもあり、一体何が身についたのか分からない気にもなりました。

しかし、科が変わる度に出会う先生方やスタッフの方々の姿を見て、たくさんの 刺激を受けることができ、たくさんの励ましや助言をいただく事ができました。

 二年目に入った頃からは自分の進む道についても考えるようになりました。いろいろな科を研修でき、多分どの科にも惹かれる部分があり、進路を決断するのに時間がかかりましたが、耳鼻咽喉科に進むことになりました。

 4月からは岐阜大学付属病院に行きます。いつかまた、岐阜赤十字病院の皆さまと一緒に仕事ができる機会があれば、その時は立派な医師になって戻ってきたいと思います。

日本赤十字社 岐阜赤十字病院

〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36番地
TEL:058-231-2266
FAX:058-233-7772
Email:info@gifu-med.jrc.or.jp