診療科のご案内

リハビリテーション科


スタッフ

野々村秀彦

部長氏名 野々村 秀彦(ののむら ひでひこ)
資格 日本整形外科学会指導医・専門医 日本整形外科学会リウマチ医 日本整形外科学会スポーツ医 日本整形外科学会脊髄医 日本整形外科学会リハビリ医 日本手外科学会手外科専門医

PageTop


大橋念

副部長氏名 大橋 稔(おおはし みのる)
資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会リウマチ医
日本整形外科学会スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター

PageTop


  • 理学療法士 6名
  • 作業療法士 1名
  • 言語聴覚士 2名
診療科の特徴

リハビリテーション科は、理学療法士と作業療法士が運動器疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患・がん疾患に対し、各科医師の指示のもとに疾患による様々な体幹・四肢の障害・呼吸不全への運動機能訓練・呼吸訓練・日常動作訓練を行っています。

特に症例の多い大腿骨頚部骨折術後、人工関節置換術、脊椎手術、膝靱帯形成術などの術後症例を中心にクリニカルパスを導入することにより、わかりやすい目標を持ってリハビリを行っています。

大腿骨頚部骨折術後のリハビリについては「大腿骨頚部骨折地域連携パス」を活用し、連携病院と協力をする事で、十分な機能回復を図っています。また、糖尿病に対しては糖尿病勉強会で運動指導なども行い、糖尿病の改善・予防に携わっています。

大腿骨頚部骨折術後のリハビリについては「大腿骨頚部骨折地域連携パス」を活用し、連携病院と協力をする事で、十分な機能回復を図っています。

また、がん患者に対して化学療法中の廃用予防や手術後早期に家庭復帰できるよう訓練を行っております。

その他、糖尿病に対しては糖尿病勉強会で運動指導なども行い、糖尿病の改善・予防に携わっています。

そして、言語聴覚士が嚥下障害のある患者様に対して口から食べることにこだわり、栄養サポートチームと連携した嚥下評価・訓練を行っています。また、脳血管疾患等による言語障害を有する患者様の言語訓練も行っています。