診療科のご案内

麻酔科


診療について

スタッフ

山田 忠則

氏名 山田 忠則(やまだ ただのり)
資格 日本麻酔科学会麻酔科専門医・指導医
麻酔科標榜医
日本DMAT隊員

粕谷 由子

氏名 粕谷 由子(かすや よしこ)
資格 日本麻酔科学会麻酔指導医
日本蘇生学会蘇生法指導医
日本救急医学会認定ACLSディレクター
日本医師会認定産業医
日本医師会認定医療安全推進者
日本医療機能評価機構認定医療コンフリクト・リスクマネージャー
麻酔科標榜医

診療について

診療体制

常勤は1名ですが、岐阜大学麻酔科からパート医師が1名/週、前副院長の粕谷医師が非常勤として応援に来ています。

診療内容

各科から依頼があった患者さんの、手術室・集中治療室(ICU)での全身管理、痛みの治療等を行っています。
手術室では手術のための麻酔管理、集中治療室では呼吸・循環管理を主とした全身管理を行っています。

診療科の特徴

当院中央手術室では年間約4000症例の手術が施行されていますが、そのうち麻酔科で管理するのは約500症例です。他は各科で麻酔をして手術をしています。
麻酔科で行う麻酔方法はたくさんあります。当麻酔科では各々の患者さんの全身状態に合わせ、最良と思われる麻酔方法を選択します。一種類の麻酔方法だけでなく、いくつかの麻酔方法を組み合わせることもあります。

手術後の痛みにたいしては、単なる全身麻酔だけでなく持続硬膜外麻酔という麻酔方法を組み合わせたり鎮痛剤を持続的に静注したり末梢神経ブロックをしたりして、少しでも痛みがなくなるように考慮しています。
麻酔の前には血液(肝機能、腎機能も含む)・心電図・心エコー・呼吸機能等の検査を受けていただきます。それで異常があれば、さらに詳しい検査をして麻酔中に起こりうる異常に備えています。
麻酔終了後は中央手術室に隣接している集中治療室(ICU)に、原則入室していただきますが、お子さんや短時間の麻酔で全身状態がよい患者さんは、一般病棟へ帰室していただきます。

毎週火曜日午前中麻酔科外来で予定手術患者さんの術前診察を行っています。その時に患者さんが今までにした病気や服用している薬等についてお聞きし(問診といいます)、患者さんを診察します。
そのうえで、予定する麻酔方法についてお話し、また起こりうる合併症等についての説明も行っています。