がんセンター長あいさつ        藤広 茂

藤広茂センター長

我が国の死亡原因の第一位はがんであり、人口の1/2ががんに罹患、全国死亡者のうち1/3ががんで死亡する時代です。
高齢化社会がますます進めば、がん患者はさらに増加すると考えられます。
またがんのみの疾患だけでなく心疾患や呼吸器疾患等がん以外の疾患を持ったがん患者も今後増加すると推測されます。

当院では、患者様や家族の皆様ががんについて気軽に病院に相談でき、診療が迅速かつ適切に行えるように、院内のがん診療を組織化し、平成24年4月より「岐阜赤十字病院がんセンター」の運営を開始しました。がん患者様への集学的治療を、組織的に治療前から治療後まで提供することを目的にしています。

診療部門としては画像診断部門、内視鏡センター、病理検査部門からなる診断部門、化学療法室、手術室、内視鏡センターからなる治療部門が担当します。
治療部門の内視鏡センターでは早期がんに対する内視鏡治療を積極的におこなっています。
手術療法は外科、婦人科、泌尿器科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、皮膚科が担当し、拡大手術から体にやさしい内視鏡手術まで行っています。

また、がん治療は手術主体の治療から薬物治療、放射線治療などを組み合わせ集学的治療が行われることが多くなりました。
化学療法室では患者様の利便性を重視し、しかも安全に、有効な抗がん剤治療を通院しながら実施しています。
診療に対しては多数診療科、多職種にまたがる検討会(キャンサーボード)を行い、患者様を組織横断的連携により診療が行える体制を整えました。

診療支援部門としては、がん療養相談室、地域医療連携センター、栄養管理部門(NSTチーム)、診療録管理室などが日常的にがん診療をサポートします。
がんにかかわる相談をがん療養相談室で行っています。
がん以外の合併症を併せ持つ患者様や多数の診療科に疾患がまたがる患者様に対しても、多数診療科及び看護師、薬剤師、管理栄養士、診療録管理士、ソーシャルワーカー等多職種が協力し、総合力を発揮し診療します。

また、診療録管理部門によりがん登録を推進、地域連携室により医師会等周辺医療機関と連携し入院前治療から退院後の治療まで迅速かつ綿密に行うよう努めています。
患者様、家族の皆様から岐阜赤十字病院に来てよかったと言ってもらえる様,職員一同全力をあげて努力いたします。

日本赤十字社 岐阜赤十字病院

〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36番地
TEL:058-231-2266
FAX:058-233-7772
Email:info@gifu-med.jrc.or.jp